不倫はどこから?定義や状況別のチェック項目・慰謝料の請求条件を徹底解説!

不倫はどこから?定義や状況別のチェック項目・慰謝料の請求条件を徹底解説!

不倫って一体どこからなの?

不倫してしまったらどんな罰則を受けるの?

不倫に関する複雑な恋愛で悩んでいる方にとって、気になるのは上記のような点でしょう。

今や結婚したカップルの3分の1が離婚すると言われており、その大きな理由の1つが不倫によるものです。

不倫で離婚するカップルが多いのは周知の事実ですが、具体的にどこからが不倫なのか?と問われたら、案外ハッキリ答えられないのではないでしょうか?

そこで今回は、どこからが不倫なのか、不倫の定義等について解説していきます。

また、法的な判断や慰謝料を請求できる条件など幅広く解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不倫の相談に強いおすすめの占い師も紹介していきます。

この記事をまとめると…
  • 不倫は性的な不貞行為があったかどうかで判断される
  • 不貞行為があったかどうかは証拠がなければ判断できない
  • 手つなぎやキスだけでは不倫と認められない
  • 風俗であっても性的行為があれば不倫と判断される
  • エキサイト電話占いには不倫の相談に強い占い師が多い
  • 初回最大8,500円分もの無料特典を受けられる
エキサイト

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

目次

不倫はどこから?不倫の定義とは

不倫はどこから?不倫の定義とは

不倫とは、配偶者がいる状態で配偶者以外の人と肉体関係を持つことを指します。

また、道徳的に許されない男女の関係を指す言葉でもあり、不貞行為とも呼ばれることがあります。

不倫と浮気の違いとして、浮気は文字通り気持ちが浮わついている様子を指します。

食事に行ったり、電話をしたり手をつないだりデートのようなことをすれば、それは確実に浮気です。

ただ、仮にそういった行為がなくても、配偶者以外の誰かに心を奪われ、好きになっていれば、その時点で浮気をしていると言えるでしょう。

これに対し、不倫には性的な行為が介在します。

道徳に反し、配偶者以外の人物と肉体関係を持つことが不倫であり、これは法律によって裁かれることがあります。

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

【状況別】不倫はどこから?判断するチェック項目

【状況別】不倫はどこから?判断するチェック項目

ここでは、状況別に不倫行為を判断するチェック項目を見ていきましょう。

  • 既婚者と手を繋いだ場合
  • 既婚者と二人で食事をした場合
  • 既婚者とキスを何度かしてしまった場合
  • 既婚者とメッセージで愛を伝えている場合
  • 既婚者と肉体関係を持っている場合
  • 合コンや婚活パーティに参加した場合
  • 風俗や性的サービスのお店を利用した場合
  • 既婚者と二人きりで旅行に行った場合
  • マッチングアプリに登録した場合

既婚者と手を繋いだ場合

手をつなぐだけでは、不倫とは判断されません。

明らかに仲睦まじく寄り添っていたら、どう見ても浮気をしていると判断されるでしょうが、それでも不倫を決定づける証拠にはなりません。

ただし常習的に手を繋いでいる場合は、二人の関係性がかなり親密であることが伺えるでしょう。

既婚者と二人で食事をした場合

家庭内のルールで、二人だけの食事を禁止するケースはあるでしょう。

ただ、法的には二人で食事をしたからといって不倫と判断されたりはしません。

食事後すぐに解散し肉体関係がなかった場合は、不貞行為にあたりません。

既婚者とキスを何度かしてしまった場合

キスは、食事や手つなぎとはレベルが違うという感覚を、誰もが持っているでしょう。

目撃されれば、確実に浮気をしていると判断されそうですが、キスをしていたとしても、それで肉体関係があるとは言えません。

限りなくグレーではありますが、法的には、キスだけだと不倫とは認められません。

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

電話占いエキサイト公式サイトはこちら

\ 初回合計最大8500円分無料!/

プロモーション:エキサイト

既婚者とメッセージで愛を伝えている場合

LINEなどでお互いに「好き」という気持ちを伝え合っている場合は、法的な判断明らかに恋人同士のようなやりとりをしていれば、限りなく「怪しい」と取られるでしょう。

しかし、それでも肉体関係があったという決定的な証拠がなければ不倫とは判断されません。

既婚者と肉体関係を持っている場合

両方、あるいはどちらかが既婚者の状態で、性的な不貞行為があったという具体的な証拠があれば、不倫であるという判断になります。

行為の最中や前後の、録画・録音データ、ホテルや旅館を利用したことが判る明細書、ホテルへ入館する写真などが、証拠となり得るでしょう。

合コンや婚活パーティに参加した場合

既婚者であるにも関わらず、合コンや婚活パーティーに参加すれば、それは間違いなく配偶者に対する裏切り行為となります。

合コンも婚活パーティーも、男女が出会うことを目的とした場所なので、既婚者がこれらに参加すれば、それは間違いなく不道徳な行為であると言えるでしょう。

ただ、法的には性的な行為があったかどうかを重視しますので、パーティーのような場所へ参加しただけでは不倫と判断しません。

風俗や性的サービスのお店を利用した場合

性的な行為をすることが目的であるお店を利用した場合、法的にはどのような扱いなるのでしょうか?

ただ店に立ち入ってサービスを受けただけであれば、不倫と認められません。

ただし、いわゆる本番行為があれば、その際には不倫として法律で裁かれることがあります。

既婚者と二人きりで旅行に行った場合

両方、あるいはどちらかが既婚者であるにも関わらず、旅行をした場合には、不倫と判断されるのでしょうか?

近場で、日帰りの旅行であれば、不倫と認められないでしょう。

ただし、一泊以上の宿泊が介在し、ホテルや旅館を利用している場合には、不貞行為があったと判断される場合が多いです。

その際証拠となる画像やメッセージ・領収書などがあれば効力は非常に強いと言えます。

マッチングアプリに登録した場合

男女が出会うことを目的としているマッチングアプリに登録をしていたら、どのように判断されるのでしょうか?

アプリに登録をしただけでは、不倫と判断されません。

出会った相手との間で、不貞行為があったかどうかに、争点が絞られるでしょう。

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

電話占いエキサイト公式サイトはこちら

\ 初回合計最大8500円分無料!/

プロモーション:エキサイト

不倫関係で慰謝料を請求できる条件はどこから?

不倫関係で慰謝料を請求できる条件はどこから?

配偶者に不倫されてしまった場合、慰謝料を請求する場合は、どのような条件や証拠が必要となるのでしょうか?

  • 示談でお互いに合意をした場合
  • 不倫の確実な証拠がある場合
  • 不倫行為により夫婦関係が破綻した場合

以下で、詳しく解説していきます。

示談でお互いに合意をした場合

不倫の証拠があったとしても、なかったとしても、示談によってお互いに合意をしていれば、その際には慰謝料を請求することができます。

人によっては、後腐れをなくすため、恨まれないため、証拠がなかったとしても、配偶者に慰謝料を支払うことで、スムーズに問題を解決しようとするケースがあります。

また、証拠がなかったとしても、自身の罪を滅ぼす目的で、あるいは相手に対して謝罪する気持ちを表すため、慰謝料を渡そうとするケースもあります。

その際の金額は、相場によって決める場合もあれば、本人達の判断で決定する場合もあります。

合意さえあれば、必ずしも証拠が必要とは限らないんですね。

不倫の確実な証拠がある場合

録画や録音のデータ、LINEなどでの具体的なやりとり、写真など、不倫をしたと思われる確実な証拠があれば、慰謝料を請求することができます。

不倫かどうかは、主に肉体関係があったかどうかによって判断されるので、愛のメッセージを伝え合っていただけ、食事をしていただけ、というレベルだと慰謝料は請求できない場合もあります。

手つなぎやキスも同様に、不貞行為とはみなされないのですが、本人から性的行為があったと認めるような発言があれば、それは証拠となる可能性が高いです。

浮気の証拠と、不倫の証拠は違うので、ここを見極める必要があります。

不倫行為により夫婦関係が破綻した場合

不貞行為があったことにより、そこから夫婦関係が破綻してしまった場合にも、慰謝料を請求することができます。

たとえば、別居をすることになり、一人暮らしを余儀なくされてしまえば、慰謝料は増額してもらうことができます。

また、不倫行為を行っていた期間の長さや、行為の回数によっても、慰謝料の金額は変わってきます。

夫婦関係が破綻していた事実も、証明できるようにする必要があります。

不倫関係で配偶者に慰謝料を請求できない場合とは

不倫関係で配偶者に慰謝料を請求できない場合とは

明らかに不倫関係にあったと思われる場合でも、慰謝料を請求できないことがあります。

  • 肉体関係があったことを証明できない場合
  • 結婚しておらず内縁関係にある場合
  • 既に夫婦関係が破綻している場合

詳細について、解説していきます。

肉体関係があったことを証明できない場合

配偶者に恋人らしき人がいたとしても、二人の間に肉体関係があったことを証明できなければ、慰謝料を請求することはできません。

こっそり会っていた、キスをしていた、ハグをしていた、LINEで愛を伝え合っていた、といった証拠があっても、それで肉体関係があったことを証明できるとは限りません。

行為の最中や前後と思われる録画・録音データ、ホテルや旅館を利用した明細書、入館するシーンを撮影した写真等があれば、それは証拠として提出することができます。

また、LINEのやりとりであっても、その中に肉体関係があったことを思わせるやりとりがあれば証拠となる可能性があります。

肉体関係があったと証明する際のハードルは高めです!

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

電話占いエキサイト公式サイトはこちら

\ 初回合計最大8500円分無料!/

プロモーション:エキサイト

結婚しておらず内縁関係にある場合

夫婦同然であっても、役所に婚姻届を出し、受理されていなければ、慰謝料を請求することはできません。

いわゆる内縁関係にしかない場合だと、そこに不倫関係の法律を介在させることはできないのです。

ただし、本人達の間で話し合いが成立していれば、合意した金額に基づき、慰謝料が支払われることもあります。

内縁関係だと、いくら不倫をしても法によって裁かれたりはしないということです。

既に夫婦関係が破綻している場合

既に離婚調停中であったり、離婚を前提とした別居をしている場合は、不倫行為があったとしても、慰謝料は請求できません。

夫婦関係が破綻していたかどうかを判断するのは裁判所となりますが、このハードルはかなり比較的高めです。

「既に気持ちがなかった」とか「離婚したいと思っていた」というだけだと、夫婦関係が破綻していたとはみなされないことが多いのです。

特に、子供がいる場合は、いくら夫婦として気持ちが通い合っていなくても、正常なやりとりがあったはずだと判断され、破綻しているとは言い難いと判断されがちです。

夫婦関係が破綻していたことを証明するのは困難である場合が多いです。

不倫関係で浮気相手に慰謝料を請求できない場合とは

不倫関係で浮気相手に慰謝料を請求できない場合とは

不倫をしていた場合、その不倫相手にも慰謝料を請求できる場合と、できない場合があります。

  • 浮気相手が婚姻関係を知らなかった場合
  • 配偶者が強制的に肉体関係を行った場合
  • 浮気相手の連絡先を知らなかった場合

詳細について、解説していきます。

浮気相手が婚姻関係を知らなかった場合

不倫や浮気をしていた相手が、婚姻関係のことを全く知らない場合があります。

事実を知らせたら都合が悪いと判断し、既婚者の側が黙ったまま交際を続けているのは、よくあるケースです。

この場合、不倫相手である本人に落ち度はありませんので、慰謝料を請求することはできません。

ただし「知らなかった」と嘘をついている可能性もあるので、ここは慎重に見極める必要があります。

婚姻関係のことを知らされないまま付き合っていたとなると、不倫相手もまた被害者ということになります。

配偶者が強制的に肉体関係を行った場合

不倫であるかどうかの争点は、性的行為があったどうかになります。

ただし、この性的行為が強要によるものだった場合、不倫相手に慰謝料を請求することはできません。

強要であったかどうかを判断するためには、それ相応の証拠が必要となります。

実際のやりとりを録画・録音したデータや、脅迫と取れるようなメッセージを送っていたかどうかが重要です。

本人の証言だけでも具体性があれば証拠となるかもしれませんが、認められる可能性は低いです。

浮気相手の連絡先を知らなかった場合

浮気や不倫をしていたとしても、相手の連絡先がわからない場合は、それ以上追求することができません。

連絡を取り合っている様子がない場合は、不倫と判断されづらいです。

慰謝料の請求金額は、どれくらいの期間会っていたのか、どれくらいの回数不貞行為を行っていたのかによっても大きく変わって来ます。

会っていたのが一夜限りで、ほぼ面識もない場合、夫婦関係を破綻させているという判断が難しい場合もあるということです。

直前で連絡先を消していた場合は、その証拠を掴めれば証拠となり得るでしょう。

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

法で認められる不倫の証拠はどこから?

法で認められる不倫の証拠はどこから?

不倫の証拠を裁判所等へ提出する際、法律で認められる範囲はどこからなのでしょうか?

  • 性行為を証明できるメッセージやメール
  • ホテルに実際に出入りしている写真や動画
  • 探偵事務所に依頼した際の報告書

詳細について、解説していきます。

性行為を証明できるメッセージやメール

LINEやDMなどを通じて、明らかに性行為があったことを匂わせるようなやりとりが行われていたら、それは証拠となり得ます。

ごっこ遊びのように、ただふざけてそういったやりとりをしている可能性や、一方的に性行為があった体で、嘘のメッセージを送っている可能性もゼロではないでしょう。

ただ、それらはやりとりの前後関係をチェックすれば、ある程度、把握できるものです。

ケースバイケースではありますが、メッセージやメールは基本的に、証拠として強い効力を発揮します。

「夕べは激しかったね」など、曖昧な表現であっても充分証拠になる可能性はあります。

ホテルに実際に出入りしている写真や動画

大人の男女がホテルに出入りするとなると、それはほぼ性行為が目的になってくるため、これは基本的に証拠として成立します。

ただ、ラブホテルでなく、普通のホテルであった場合、言い逃れが可能な場合もあるでしょう。

ホテルで食事をしていた、ミーティングをしていた、など性行為がなかったことを強調すれば、慰謝料の支払いには至らないかもしれません。

ただ、ホテルに出入りする際、手をつないでいる腰に手を回しているなど、仲睦まじい様子が映されていたら、その際には不倫であると断定されるでしょう。

性行為以外の目的で大人の男女が共に宿泊することはないと判断されるのが一般的です。

探偵事務所に依頼した際の報告書

証拠の写真や映像を提出しても、撮影をした人間が素人だと、捏造であることや、いい加減であることを疑われてしまう可能性があります。

そのため、探偵事務所に依頼をし、調査を依頼されたプロが撮影したものであるという報告書も同時に提出をする必要が出てきます。

調査をする際に掛かった費用は、不貞行為が認められれば、慰謝料の一部として請求することができます。

ただし、実際にその請求が認められ、支払いが行われるかどうかはケースバイケースです。

慰謝料をもらえたとしても、探偵事務所への支払いで、結局プラマイゼロになってしまうこともあります。

職場ではどこからが浮気になる?

職場ではどこからが浮気になる?

職場ではどこからが浮気になるのか、基準をまとめると以下の通りです。

  • 平均的な連絡・仕事の打ち上げはセーフ
  • 手を繋ぐ・腕を組む・ハグは浮気
  • オフに会う・個人的なLINE・メールは浮気

それぞれの基準について詳しく解説していきます。

平均的な連絡・仕事の打ち上げはセーフ

当然ながら、仕事上必要な平均的な連絡、打ち上げの飲み会などはセーフです。

たとえばLINEで隠語を使い、デートのことを「打ち合わせ」と言うなどして隠していても、その頻度が平均的でなかったら浮気を疑われます。

デートを「仕事の打ち上げ」ということにしたとしても「二人だけで行く回数が1回や2回ではない」「仕事の打ち上げで行くようなお店ではない」という場合は、やはり浮気を疑われます。

つまりどれだけ「仕事」という体裁だったとしても、それが「平均的か」が問われます。

手を繋ぐ・腕を組む・ハグは浮気

手つなぎ・腕組み・ハグ(抱き合う)などのスキンシップがあれば、全て浮気となります。

同じスキンシップでも「頭をポンポンする」「肩を軽く叩く」程度であれば、当然仕事の中でもあり得るので、これらはOKとされます。

ただ、配偶者がその状況を見ていて「親密過ぎる」と感じれば、これらのスキンシップでも浮気となります。

確かなことは「手をつなぐ」などは恋愛感情がなければしないので、これらの行為は「疑いの余地なく浮気」といえます。

オフに会う・個人的なLINE・メールは浮気

休日などのオフに会う、個人的なラインやメールを送る、電話をするなども、全て浮気となります。

たとえば「仕事を成功させるためにプライベートでも距離を縮めた方がいいと思った」という場合でも、やはり浮気となります。

そもそも「プライベートで距離を縮める」という行為自体が浮気だからです。

つまり、本当に仕事のためであったとしても「プライベートで距離を縮める」のは、既婚者の場合はすべて「浮気」となるのです。

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

肉体関係とはどこから?不貞行為の定義は?

肉体関係とはどこから?不貞行為の定義は?

肉体関係とはどこからか、民法の「不貞行為」の定義・ラインをまとめると以下の通りです。

  • 性交類似行為(裸で抱き合う・手淫など)は該当する
  • 手つなぎ・腕組み・キスは該当しない
  • 肉体関係でなくとも「離婚の正当事由」にはなる

それぞれの定義・ラインについて詳しく解説していきます。

性交類似行為(裸で抱き合う・手淫など)は該当する

セックスをしなくても「性交類似行為」をすると、それは肉体関係(不貞行為)となります。

具体的には「裸で抱き合う・手淫・口淫(オーラルセックス)」などです。

昔アメリカのクリントン元大統領がホワイトハウスで不倫をした時に、当時のアメリカの不倫の定義が「性交する」ことだったため「私は断じて不倫をしていない」とテレビで宣言しました。

実際にはオーラルセックスなどの「性交類似行為」をしていたのですが、日本の民法では、これらはすべてセックスと同じ「肉体関係=不貞行為」として分類されます。

クリントン大統領は「嘘はつかなかった」ので、このテーマは「相手を騙すことと嘘の違い」として、哲学などの分野でも多く取り上げられます。

手つなぎ・腕組み・キスは該当しない

手をつなぐ・腕を組む・キスをするなどのスキンシップは、すべて肉体関係には該当しません。

キスは「フレンチキスかディープキスか」という点が気になるでしょうが、ディープキスでも該当しません。

当然ながら、キスする場所が下半身などになれば、場所や内容によって「性交類似行為」となります。

多くのアンケートで「手を繋いだら浮気」という回答が主流になりますが、法的には「肉体関係」にはならないということです。

肉体関係でなくとも「離婚の正当事由」にはなる

肉体関係がなかったとしても、プラトニックな不倫によって「婚姻生活を続けていくのが難しくなった」と判断されたら、それは「離婚の正当事由」になります。

つまり、浮気された奥さんや旦那さんなどは、離婚したければ自由にできるようになります。

(浮気した側は、配偶者がOKしてくれなければ離婚をできません)

不貞行為がないため、プラトニックな不倫であれば、慰謝料を請求されるリスクは低くなります。

このため、不倫のリスクを抑えたいのであれば、最低限「体の関係は持たないようにする」ことを意識しましょう。

電話占いエキサイト公式サイトはこちら

\ 初回合計最大8500円分無料!/

プロモーション:エキサイト

不倫がどこから定義されるかに関するQ&A

不倫がどこから定義されるかに関するQ&A

不倫に関してよくある疑問をまとめました。

  • 不倫による慰謝料の相場は何で決定されますか?
  • 不倫した側からの離婚要求はできますか?
  • 不倫行為の慰謝料請求に時効はありますか?

詳細について、解説していきます。

不倫による慰謝料の相場は何で決定されますか?

不倫をした場合の慰謝料は、大体100〜500万円の間が相場となります。

これに、支払う側の地位や年収、不貞行為を行っていた期間や回数などが加味されます。

年収が高い人や、資産がある人は、かなり高額な慰謝料を請求されることもあります。

よく、海外のセレブが何億円という慰謝料を支払っているニュースを目にしますよね!

不倫した側からの離婚要求はできますか?

原則として不倫をした側から離婚を要求することはできません。

自ら夫婦関係を破綻させておいて、離婚を要求するのは道理に合わないからです。

ただし、既に夫婦関係が破綻していたと認められ、尚且つ離婚された側が生活に困窮しない状況なのであれば、離婚要求が通るなど、例外もあります。

長期間別居をしていた等の条件があれば、夫婦関係は破綻していたとみなされるケースがあります。

不倫行為の慰謝料請求に時効はありますか?

不倫行為に関する慰謝料を請求できる時効は、3年が原則です。

被害者が、不貞行為の事実を知ったタイミングから3年以上が経過してしまうと、慰謝料を請求することはできなくなってしまいます。

債務承認については、口頭でも問題ないとされていますが、後々「認めたつもりはない」などトラブルが起きる原因となりかねませんので注意が必要です。

慰謝料の支払いを請求する場合には、必ず書面による手続きを行ってください。

法律上時効が成立していても、不倫をした側が任意で慰謝料を支払う場合には、これを受け取ることに関して、特に問題ありません。

エキサイト電話占いでは、不倫の相談に強い占い師が多く在籍しています。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度新規登録してみましょう。

電話占いエキサイト公式サイトはこちら

\ 初回合計最大8500円分無料!/

プロモーション:エキサイト

不倫はどこから?に関する相談でおすすめの占い師

不倫はどこから?に関する相談でおすすめの占い師

ここでは、不倫の相談でおすすめの占い師を紹介していきます。

  • 天海レイ先生(エキサイト電話占い)
  • 諸縁先生(電話占いカリス)
  • 希灯先生(電話占いヴェルニ)

天海レイ先生(エキサイト電話占い)

所属エキサイト電話占い
得意な占術霊感・霊視、透視、色視、易、風水術、サイキック、縁結び、縁切り、シンクロニシティ・リーディング、祈願、遠隔気功
得意な悩み相談辛い恋、不倫、復縁、復活愛、片思い、人生の方向性や今の運気と今後の指針、忘れられない過去の総括や繰り返される習慣的行動
鑑定歴35年
料金1分418円
初回特典最大8,500円無料鑑定

天海レイ先生は、2021年にエキサイトで殿堂入りも果たしている超人気の先生です。

伝統的な易と、スピリチュアルなサイキック能力を組み合わせたハイブリッドな鑑定を行ってくれます。

シンクロ術により、アカシックレコードにもアクセスし、あなただけの物語を伝えてくれますよ!

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

諸縁先生(電話占いカリス)

所属電話占いカリス
得意な占術なりかわり/スピリチュアルタロット/シンクロ/水晶リーディング/縁結び/縁寄せ/波動強化/風水/開運法/お祓い法
得意な悩み相談気持ち/復縁/不倫/時期/未来/恋愛運気好転/恋愛成就/対人/仕事/事業/メンタル問題/健康/同性愛/家相/起死回生
鑑定歴15年
料金1分400円
初回特典最大10分無料

諸縁先生は、大人気の電話占いカリスを代表する看板的存在のカリスマ占い師です。

「なりかわり」という特別な占術を使い、想い人の気持ちを伝えてくれます。

恋愛や人生における難局を打破してくれる実力派で、能力人柄ともに推薦されている先生です。

\ 初回2600円分無料!

提供元ティファレト

希灯先生(電話占いヴェルニ)

所属電話占いヴェルニ
得意な占術霊感霊視  自動書記  霊感タロット  スピリチュアル  チャネリング  波動修正  遠隔ヒーリング  算命学  オーラ  レイキ  ルーン  西洋占星術  ホロスコープ  ルノルマンカード 
得意な悩み相談結婚  離婚  復縁  不倫  縁結び  年の差  遠距離  過去世・前世  金運  仕事運  人間関係  家庭  子育て  開運方法 他
鑑定歴24年
料金1分340円
初回特典最大4,000円無料鑑定

希灯先生は、愛染明王の教えを元に、龍神様からの導きとカードによって問題を解決へと導いてくれます。

霊視によって悩みの全貌を明らかにしてくれるので、どんなことでも安心して話してみてください。

鑑定の最初にはフルネームと、西暦、出身地の情報を伝えると鑑定がスムーズです。

\4000円分無料で使える!/

不倫はどこから?に関するまとめ

不倫はどこから?に関するまとめ

以上、不倫と浮気の違いや、不倫と認められる条件、慰謝料などに関する情報をお伝えさせてもらいました。

傷つけられたからこそ配偶者である相手を徹底的に断罪しようとする人もいるでしょうが、相手を深い心で許せば自分自身が幸せになれる可能性もあります。

ですが、不倫に関する悩みは周囲の家族や友達に相談しにくい複雑な悩みと言えるでしょう。

その判断に迷ってしまった時には電話で気軽に相談できるエキサイト電話占いを検討してみてください。

初回最大8500円分無料で鑑定を受けることができるので、一度登録を受けてみましょう。

老舗電話占い!

プロモーション:エキサイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次